Member


女優   板倉愛実/劇作家    鈴木麻名実 

 

Lumeto主宰。日本劇作家協会会員。

日本工学院専門学校・声優俳優科卒業。

劇団「流山児★事務所」に入団し、

数々の舞台に出演する。

退団後はストレートプレイを中心に活躍。

Lumetoの旗揚げ公演『さくらと、私と、黒い雫』で、劇作家としての活動もはじめる。

2019年劇作家協会主催「月いちリーディング」で

『さくらと、私と、黒い雫』が選出される。


中学2年生から双極性障害Ⅱ型を患い

現在も病気と共存する。

Lumeto第3回公演『息のできる場所』で

題材として扱うなど双極性障害がひろまるよう

活動も行う。


 

過去の出演作品はこちら

 


演出家・俳優・ダンサー   高山けんご

 

日本工学院専門学校・演劇俳優科卒業。

その後、役者・ダンサーとして活躍。 

ダンスの振り付けも行う。

母校である日本工学院にて、ダンス講師、

演技指導も行う。

演出家としては役者に寄り添いつつ、

お客様の目線を第一に考える。

Lumetoの色を作っているのは間違いなく

彼の力が大きい。

 


俳優 杉森裕樹

 

円・演劇研究所卒業。

作家の訴えたい心を感覚的に気付ける俳優。

役に向かいあう姿勢はどこまでも真摯で、

自らを削ってまで掴もうとする。

自由きままのように見えて、

他人の心にそっと寄りそえる彼は

現場の空気を明るいあたたかいものにする力を

もっています。


第3回公演『息のできる場所』でLumetoに初参加。

その後、第5回公演『蜜の沼』から正式にLumetoに加入。

 

過去出演作品はこちら

 


音楽  尾上明範

 

島根県益田市出身。

日々の情景を歌う、山陰を代表するシンガーソングライター。

心の奥深くまで沁みわたる美しいバラードを得意とする。

第3回公演『息のできる場所』でメインテーマを提供。

その後Lumetoに加入。

鈴木の作品により一層深みを出してくれる

彼の楽曲を楽しみにくるお客様も多い。


 


カメラマン  畑中涼真

 

第2回公演『ダニーと紺碧の海』で告知動画を撮影・編集。

第3回公演『息のできる場所』でフライヤー撮影、舞台写真・映像撮影・編集を手掛ける。

その後、正式にLumetoに加入。

映像から写真まで幅広く手掛ける。